Twitter公式アプリが重い原因を解消する方法

twitter公式アプリは、使い方や設定次第でどうしても重くなってしまいます。
重い最も原因は、同期間隔です。フォローしているアカウント数などによっても変わりますが、同期するときに新しいツイートが多いとどうしても重くなってしまいます。そしてネットワークの帯域も多く消費してしまいます。

設定から同期の間隔を長くするか、手動で同期するのが一番良いです。
また、アカウントを多くアプリに登録していると、同期の時にすべてのアカウントを同期するため余計に重くなります。アプリに登録するアカウントは最大3アカウントが良いです。それを超えると重くなる可能性が高くなります。

そしてアプリ自体に問題がなくても、起動している端末の状態によって重くなるということがあります。例えば搭載しているメモリの容量が低い場合です。容量が低いとアプリが使用できるメモリが少なくなるため、同期の際に重くなったり、スクロールをする際も重くなることがあります。

解決策としては、他に起動しているアプリを減らすか、より性能の高い端末に変更することです。また、長時間使用していないアプリを自動終了させるものといった、端末を最適化するアプリもありますので、twitter公式アプリが重いと感じている方は使用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク