Twitterでツイートできる文字数上限が140文字である理由は?

twitterのツイート可能な文字数は140文字に制限されています。その理由はSMS=ショートメッセージサービスが」160文字に制限されていること」に由来します。140文字はつぶやき用として使用し、残りの20文字をユーザー名の表示にあてています。

またSMSの制限文字数が160文字である理由もあります。テキストメッセージが開発された際、160文字はまとまった意味を文章で伝えるのに最適な文字数であるということが発見されました。SMS規格委員会の調査では、ハガキに書かれる文字数は150文字以下であることがほとんどであるということが検証されたことから160文字という文字数が採用されたのです。

140文字では打てる文字数が少ないという向きもありますが、伝えたいことが伝えられる最適な文字数であるという理由からtwitterのツイート可能な文字数は140文字に決められているのです。

しかしながら、一方でtwitterが開発された当時は携帯電話のショートメールに合わせて導入したという背景もあります。また、用途の多様化した現在では、140文字では事足りず長文を分割して連続投稿する「ツイート・ストーム」という言葉もあるのが現状です。この現状に対応すべく、10000文字に拡大する計画が推進されています。

スポンサーリンク