Twitterが1万文字のツイート対応を計画の真相は?

ほんの僅かな文字数しかつぶやけなかったのが今までのtwitterでしたが、今後は1万文字ものつぶやきが一度の投稿でつぶやけるようになる計画が持ち上がっております。twitterで伝えたいことがあるものの、文字数の制限があったため分割して投稿していたような方からすると、とても助かるし便利なサービス向上が図られるようになったと言えるでしょう。

またtwitterが1万文字のツイート対応を計画の真相としては、個人ではなく企業が自社製品や自社サービスアピールのつぶやきを打ち込みやすくするための配慮も含まれていると言えます。twitterから得られる情報を元に商品を購入したりサービスを利用したりする消費者が増えている現在、twitterは消費者にダイレクトに自社製品や自社サービスを伝えられる貴重なツールだと言えるでしょう。つまり今後twitterが1万文字に対応されることより、twitterを活用する形での宣伝が活発に行なわれることが予想されるのです。

消費者にとってみても自身が知らない商品やサービスを知る機会が増えるという良い結果に繋がるため、1万文字のつぶやきが可能となることでのメリットは企業にも個人にも存在しているものと捉えておいてください。

スポンサーリンク